永代供養に関する情報が満載!

永代供養と永代使用との違いとは?

永代供養と永代使用との違いとは? お墓のありかたが変化し、納骨堂や永代供養墓を使用する人が増えてくるに従って、「永代供養料」という言葉がよく聞かれるようになりました。
従来通りのお墓を建てるときは「永代使用料」を払います。よく似ているようで異なるこのふたつの言葉は、どう違うのでしょうか。
永代使用料は、霊園や墓地にある土地を永代にわたって使用する権利を得るために払う費用です。永代使い続けることができますが、所有権はないので転売などはできません。
その代わり、土地にかかる税金を払う必要もありません。ただし毎年維持管理費を払う必要があります。
相場は80万~100万程度ですが、霊園やお墓の広さなどにより異なります。
永代供養料は、永代供養墓にはいったお遺骨を、遺族の代わりに管理運営者に供養してもらうために払う費用です。子どもがいなくてお墓を受け継ぐ人がいない、子どもは遠方に住んでいてお墓の維持管理ができそうにないといった場合に選ばれています。
金額は霊園の運営先により幅があり、10万程度と安価なところから100万以上のところまで様々です。

永代供養の費用とは別にかかる費用とは?

永代供養の費用とは別にかかる費用とは? 永代供養の費用とは別にかかる費用とは、納骨の仕方で変わってきます。
一カ所の納骨堂へ一度集め、後に永代供養墓へと納骨される場合は、初期費用に管理費なども含まれていますので、後に追加料金が課されることはありません。
そのまま寺院や運営会社が存続する限り永代にわたりお盆やお彼岸などに読経焼香などの供養をし他の方と一緒にしてもらえます。
個別に、ロッカー式や棚式、仏壇式、御墓式などへ納骨してある場合は、お墓参りの際に置いてきた御供物や献花の一定期間後の廃棄や、納骨してある場所の個々の掃除など、人手がかかり、さらに、個別に一回忌から三十三回忌までの供養管理を行わなければならないので、維持費や供養費などが加算されます。
どの程度個別に管理してもらうのかはご遺族の意向に任されますが、三十三回忌までなどと期間が長くなれば長くなるほど経済的には負担がかかるという事になります。
その分、他の方のご遺骨と一緒になることなく、故人を参ることが出来ます。

新着情報

◎2017/12/20

永代供養墓のお参りの方法
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

維持費やお布施は不要
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「墓 維持」
に関連するツイート
Twitter